FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターゲットのまとめ方

まずターゲットの絞り方は、まず第一段階として・・・。

1)船の種類から耐久装甲の低いものを選ぶ☆
2)操舵や修理が非優遇なな人を選ぶ
3)あまり見かけない人を選ぶ

☆模擬をしていく中で、私は装甲値が低い人をとりあえず横撃ちや遠距離クリで削っていきます。
試合が進行していく中で、耐久が1300付近になった人を確認したら、その相手をチームで共有します。

☆相手の耐久を削っていき、耐久管理の面で相手を篩(ふるい)にかける。
そうしてターゲットを選びます。
選んだら風が縦なら積極的に、横でコンボ確保できれば狙いに行きます。

ターゲットの絞り方と密接な関係があるのがゲームの進行の仕方です。
「味方旗艦を重視するのは当然」ですが・・
模擬は3差ついたら勝ちというルールがあります。

また「先落ちする、1差でもついたらここから巻き返すのは難しい」という先入観があります。
さらに「旗艦はそのチームで一番うまい人がする。」という先入観もあります。
「味方旗艦を重視するのは当然」ということはフォローも厚いわけでここを抜くのは大変です。

なので戦略的に「耐久を削っていき、どこでもいいから1隻落として優位に立ってから、じっくり敵旗を狙おう。」という考え方もあります。
この戦略ですと「味方旗艦をフォローして、敵旗艦を狙おう」という戦略とは合いません。
なぜなら味方旗艦を守ることでは共通していても、攻撃対象が異なるからです。

「敵旗艦はひとまず置いておいて、敵の耐久が下がっていった人をピックアップして狙う」
この考え方は、基本戦略として、物資戦、白兵船も頭にあります。
長期戦で物資、白兵で相手をじり貧にして相手のチャンスをとにかくつぶそうという感じです。

「敵旗艦を集中的に狙って、それによって敵旗艦の耐久も落とす」
これはどちらかというと、短期決戦で一発カウンターパンチで相手を倒そうという感じ。
どちらかというとスタンダードかつ海戦的と言えるかもしれません。

わたしはどちらかというと、わたしは「まず一枚ガードを剝がしてから・・・」とよくいうように、長期戦を念頭に僚艦を1隻落としてから、じっくり白兵で相手をつかんでいって相手にチャンスを作らせない。優位に立ってから敵の旗をじっくり狙っていくのを好みます。

なので敵旗艦をまず重視して狙うスタイルだと、「関係ない戦闘をしている!」「自分の与撃だけ気にしてる!」と思われがちかもしれません。
まぁ野良で共通の意識をもって戦うのは難しいので、楽しむのじゃなくて勝ちたいならある程度打ち合わせは必要かなと思います。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。